2014年06月15日

ナイキのCM 「THE LAST GAME」 を分析してみた。


NIKEのつべCM、「THE LAST GAME」がめっちゃ良いので、そのことについて書いてみよう。これの良さは「お約束」の良さだと思います。僕はそういうのが大好きなのです。

まず、動画の構成をざっくりと。

シーン1.ワールドカップ開催地であるブラジルの女神像から、「サッカーに興じるキッズたち」のシーン。スターと自分を重ねオーバードライブする演出。かっこいいスター。

シーン2.プレゼン会場。クローン会社の社長が「リスクは無い方が良い」という論を展開。「リスク上等」をひっくり返す。

シーン3.クローンに敗北を喫するスター。かっこ悪いスター。

シーン4.自分たちの能力を生かせず悶々とするスター達と、彼らを招集するリーダー。

シーン5.謎めいた場所で彼らの誇りを取り戻す。試合の申し込み。選手生命を賭ける宣言。物語のスケールアップ。

シーン6.試合開始。リスクを恐れず、優勢に進めるスター。かっこいいスター。

シーン7.スーパープレイからの完璧なゴールをセーブするキーパー。クローンの逆襲。かっこわるいスター。

シーン8.メッセージ「なにより危険なのはなにも生まない無難なプレーだ」のナレーションと、「リスク上等」のテーマソング。スターの逆転勝利。かっこいいスター。

シーン9.リスク上等(RISK EVERYTHING)のテロップ。

こんな感じです。ちょっとした映画のような、基本に忠実なストーリー展開。5分半という短い動画でこれだけの波を作れるというのが素晴らしい。だけどそれはこのCMが独立して成し遂げた素晴らしさではありません。今日に至るまでの無数のストーリーの積み重ねにより、「観客が進化した」ことで、初めて成立するストーリーテリングだと思います。

分析。順番に行きます。まずシーン1。スターと自分を重ねオーバードライブする演出は、4,5月に話題になっていたNIKE CM「リスク上等」のメインアイディア。視聴者とスターを繋げる美しい演出。視聴者はすでにこのアイディア、ビジュアルをしっている。開始30秒でイメージされるストーリー。

シーン2。シーン1を受けて。「事件は会議室で起こってるんじゃない!」から「事件はねぇ、会議室で起こってるの!」のように、価値観をひっくり返す。前作で積み上げた安定を崩す。解決した問題は見る必要がない。問題の拡大生産。クローンというのも、スーパーマンのビザロ、スパイダーマンのヴェノム、仮面ライダーブラックのシャドームーンといった過去のヒーローモノでよく出てくるアイディア=「お約束」。

シーン3。バスケットボール界にも拡大するクローン。物語のスケールアップ。

シーン4。アルマゲドンの仲間を集めるシーンと同じ。ミッションを果たすために選ばれたTHE CHOSEN ONEが揃っていく楽しさ。円卓の騎士。

シーン5。謎めいた場所。インディ・ジョーンズやトゥームレイダー等。理屈を突破するビジュアルの説得力。リアルを逸脱し純粋に物語に没入させるフィクション・マジック。一連のリーダーのビジュアルは過去のNIKE CM「シークレット・トーナメント」のホストを思い出させる。きっかり5分のアニメーションシーンで、この魔方陣が明らかになる瞬間が、ちょうど中間の2分30秒地点(冒頭10秒のタイトル部があるので、動画では2:40)

シーン6。まずは優勢に進めるスターチーム。冒頭の頃とは違う事を表すシーン。ここまでの2:30が意味のあるものであったことを表す。

シーン7。クローンの逆襲。やっぱダメかも...と思わせる。ラストへのタメ。

シーン8。テーマの再認識。全てを「リスク上等」に集約させるナレーション。大量に出てくるクローン=卑怯な手段に出る敵。ここまでクローン側は、クリーンに戦ってきていたから、価値観としては五分。卑怯な手段に出るからこそ、叩き潰す口実が得られる。戦隊モノとかで負けそうになって巨大化したり人質をとったりするのと一緒。テーマソングが流れ盛り上がる。大量の敵を翻弄するイメージは過去のNIKE CM「THE MISSION」(スターと剣道ロボが戦うやつ)にも通じるビジュアル。

シーン9。まとめ。

という感じ。過去の色々なものを踏まえていることが分かると思います。過去の様々な物語の美味しいところが、形を変えて何度も繰り返される事で「お約束」になる。その「お約束」を集めて、ぎゅっと5分にまとめる手腕。意識せずともこうしたイメージの集積が視聴者に備わっていると判断したからこその動画です。製作段階でこの絵コンテを見て、「なにこの地下迷宮。よく分かんないからカットしてよ」とか言われないんだろうな。

「たくさんのスターが出てくるNIKEのCM」というお約束がまずあって、その上に様々なストーリーの「お約束」を乗っけながらも、決して内輪受けやありきたりな物に落ち着かず、「リスク上等」のテーマをかっこ良く表現したこのCMは、豊かだし、素晴らしいと思うます。タレどっぷりだなー。

最後に、過去のNIKE CMを貼っておきますね。







sarustar at 20:25│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote Youtube | 時事ネタ




トラックバックURL

>

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔