2014年05月01日

Happy from Harajuku Tokyo について友人と話した 所感



下に連投した2つのエントリ(これこれ)。昨日ポストされて、ここ10時間ほどで再生数3万ほど伸びてる(夕方時点で8000くらい、現在35000弱)ホットムービー、Happy from Harajuku Tokyo - Pharrell Williams #harajukuhappytimes について、初見でなにやら嫌な鳥肌が立ち、しかしこれこそが正解なんじゃないか?という不思議な直感も働き。そのアンビバレンツな心象に動揺を覚えた僕が、信頼する友人2人にこの映像の感想を求めてみた、そのやり取りのログです。こちらもゼヒ読んでみてください。

それぞれ立場の違う両者ですが、キーワードとして共通のものが幾つか出てきたのが興味深かったです。「フォーチューンクッキー」「Kyoto ver.」とか。どちらも僕は想像してなかったので、なるほどなーという感じでした。おかげで多少心の整理がついてきたので、僕が抱いた違和感についてまとめてみます。なーんか嫌いなんだけど、嫌いと言い切れない。なんでだろう?というやつです。分かりやすくするために、まずなんで嫌いなのかを熱量上げてまとめてみると。

1.達者
海外ではやりの「Happy ダンスムービー」というのを、これ以上なく上手ーにこなした感じ。海外的なノリをトレース出来る事がオシャレであると言いたいのだろうか。正気か。恥知らずか。BECKの真帆のアメリカンスクールの友達みたいなのがいっぱいでてくる。上手に海外的HAPPYを演じてるふうにしか見えない。この海外ノリに対しての達者さに対するイラツキ。そう、あれと一緒だ。



2.オシャレ
オシャレじゃないとHappyでいられないのかお前らは。人から幸せそうに見られるのが幸せか。たまに言い訳のように挟み込まれるデブ女。職業デブ(力士の事ではなく)。業務上過失デブ。ハズシとしてのデブ。なんと言えばいいのか。パニック映画で最後まで生き残るメンバーに必ず黒人がいるような。渡辺直美好きーとか言うモデル女のような。とにかくおめーら普段着でやれ。あ、それが皆さんの普段着ですか。これは失礼しました。

3.トップダウン
ちょこちょこと挟まれるゆーめー人。Happyの動画が広まった流れって、ボトムアップだったんじゃないの?オープンソース的なフォーク感、アニソンだったHappyが公式MVを介して一人ひとりにたどり着いたのがHappyのHappyたる所以じゃないのか。自分の曲が皆のものになったその多幸感でファレルは泣いたんじゃないのか。「これはみんなの曲だよ」a.k.a BECKだ。それをなぜトップダウンに引きずり下ろすのだ。告知集客してやるフラッシュモブとかさ。モブ感どこ行った。

4....なにかを騙そうとしている...!感
これ。東京ネイティブの元同僚にも感想聞いてみた時思った。彼の発言が印象的。「BEAMSの社長がバカみたいに踊ってるのがリアル感ないしキモいし東京原宿あんなキモくない」それな。これで騙されるのは田舎者だろう。高校生の時の僕はきっと騙されていたはずだ。こういうやり方が非常に昭和臭い。その気持ち悪さ。

以上です。てか書いてて気付いたけど思ったよりこれ嫌いだったんだな俺。ただ、出てくる人物皆が皆嫌いなわけではありません。ざっと数えたところ、15組くらいは違和感なく見られる人がおりました。逆に「テメーは俺を怒らせた」的な人も同じくらいおります。

で。

しかしですよ。上記の「ムカつく理由」が、そのまま全て、「これが正解なのかも感」にもつながるのです。だからフクザツなのです。

1.達者。いいことじゃん。PRしたいのだから上手くやろう。実際これは結構な評価を得るはずです。海外にアピールしたいんだから海外の人が分かるように翻訳してあげることも必要。これが出来る人がたくさん集まっている場所なんだもん。できちゃうんだからやればいいじゃん。

2.「オシャレで何が悪いの?ファッションタウン原宿だよ?君もGAP前でスナップ撮られるんじゃないかってドキドキしたことあるでしょ?」「ごめんなさい。」

3.だってトップダウンじゃないと見ないじゃん君ら。そもそもボトムアップで誰かやってるの?それに言うほどトップダウンでもないし。やろうと思えばもっとえげつなくも出来るけど(実際もうすぐそういうの公開するし)これはあくまで原宿に縁のある人だけじゃん。ちゃんとローカリティー重視してるよ?

4.過剰にはしてるけど、嘘ではないでしょ。PRなんだから演出は必要だし、それは他のHAPPY動画でも多かれ少なかれやってるでしょ。動画ってそういうもんじゃないの?実際高校の時の君にはこれが響いてた訳でしょ?大成功じゃん。「外から見た原宿」だからこれで良いんだよ。

とまぁこんな感じで。これが必要だし、結果正しいんだと思います。純粋に嫌いだったら無視するのですが、「見せる」という立場で考えると、正直これ以上のものをひねり出せる気はしません。でも、「だからok!」と言っちゃうのにも抵抗があるのです。これ以上の言葉は今の僕にはありません。皆さんどうお考えかよろしければお聞かせ下さい。これについては今後も考えを更新していく所存です。最後に、こんな話に付き合ってくれた友人達に感謝。それぞれの立場でちゃんと意見くれるのでありがたいのです。

sarustar at 04:31│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote 時事ネタ | Youtube




トラックバックURL

>

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔