2014年01月11日

リンカーン

lincoln

元旦映画の効果か映画熱が高まってきたので、リンカーンという映画を見ました。2012年の映画ですが、2014年現在でスピルバーグ監督の最新作だと思います。TEDと迷ったのですが、ゼロ・グラビティの余韻があったので、画面の暗い感じの映画が良いなと。ズッシリとした良い人間ドラマを見たかったのですよ。

映画の概要。奴隷解放でお馴染み、エイブラハム・リンカーン大統領が、奴隷解放のため合衆国憲法を変えようと奮闘する映画です。バイザピーポー演説後、南北戦争末期からお話は始まります。ここら辺の割り切りは素晴らしい。歴史教科書に載らない部分にフォーカスするという点では、「清州会議」に近い着眼点だと思います。人間ドラマというより政治ドラマ。

そういう映画に「リンカーン」というタイトルを付けて、非アメリカ人が見ても一応しっくりくる映画にするというのは、流石だなぁという気がしました。一応と書いたのは、とはいえこれはアメリカ人のための映画だよなぁという気がしたからで、冒頭映画開始前にスピルバーグ監督から日本の皆さんへというエクスキューズが入ったのは、そこら辺に配慮したんだろうなぁと思います。

見た感想。まぁおもしろかった、かなぁ。時代の最先端を行く映画では全然ないし、人間ドラマという点では「おっ!」というセリフやシーンは特に無かったと思います。どっちかというと、「へー」とか「おおー」みたいな感じ。だって僕白人じゃないし。味方陣営の人間までもが憲法改正に必要な議席の獲得に弱気になっている中、「今我々の選択に世界が注目している!これは人間の尊厳の問題だ!」とか言うんですが。こっちは開国騒ぎでそれどころじゃないですよ。そもそもお前らこの前年にイギリスに誘われて長州と戦争して下関占拠したりしてるじゃんよ。やれやれ。てかリンカーンの時代って、日本だと坂本龍馬とかがまさに活躍してた時代なんですね。

実際に「世界が注目している!」と言ったかどうかは知りませんが、すくなくともこの映画でそういうセリフを言わせてる程度にはリアリティある話なわけで、「これだからアメリカ人は!」と思わないでもないです。余談ですねこれは。余談ついでに言うと、スピルバーグ監督、御年67歳。宮駿だとポニョ作った頃。監督人生も晩年を迎えてるだろう時期に、こういう映画を作る事を選んだんだなぁと考えると、なんか納得な感じがしました。

映画に話を戻して。

この映画を見る人のほとんどが「この後も黒人に対する差別は続く」という事実を知っている中で、その事実を覆い隠すこと無く、しかもちゃんと「国民の物語」としてまとめ上げるというのは、とても難しい作業だったろうと思います。ロビイストをコミカルにしてみたり、サディアス・スティーブンス(トミー・リー・ジョーンズ)をオチに持ってきたり、色々工夫してる感じです。

リンカーンは2012年の映画ですが、2009年にオバマさんが初の黒人大統領となったことで、この映画が作られる下地が整ったということなんだろうなぁ。奴隷解放宣言から150年経って、リンカーン達の理想がやっと形になったと。そうでないと、当時の白人たちの常識的な意見を描くことは許されなかっただろうなと思います。対立する価値観を真っ向から衝突させ、ゆっくりでも変化していく国のあり方に、彼の国の強さを感じてしまいます。

全体的な感想として。非白人としては、「あー当時のアメリカってこうだったんだなぁ」という風に見るのが正解かなと思います。人種間の問題はもちろん、当時の議会は記名投票だったとか知っておいて損はないかなと思うし、だからこそ生まれる「一票」に対する熱量とか、当たり前となっていた奴隷制度を捨てる信念やパワーは、そりゃグッときます。

でもさぁ。なんだ。あー開国しろって言ってきたペリーさんとか不平等条約を結びにきたハリスさんとかは、こういう人種観の国から来てたんだなーとか、まぁ思わなくもないよねと。キング牧師とかほんの50年前の人間なんだよなぁ。とかさ。良いんだけど別に。はい。そんな事を思いました。もう一度見るときは、もっと素直に、スピルバーグ映画として見てみたいなと思います。そしたら「すげー」って思える箇所もっと見つけられるのかな。そういう映画でもないのかもね。

sarustar at 21:12│Comments(1)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote




トラックバックURL

>

この記事へのコメント

1. Posted by Karen Millen Sale UK   2014年04月07日 12:58
One reason why these socks are so popular is because of the range of colors that they come in. Some of the most popular options include black, fuchsia and olive green. If you regularly wear these socks as part of an Karen Millen Sale UK outfit, it is a good idea to have pairs in several colors that will go with different 東京油田:リンカーン - livedoor Blog(ブログ) outfits. Consider wearing them with a pair of flats so that you can easily show off the unique colors that they come in. This is also a fun idea if you will be wearing socks in a certain color for a holiday. You might want to consider buying some of these colorful socks as gifts.

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔