2015年07月17日



各方面での絶賛にケツを叩かれ見てまいりました。1,2見てないってのは内緒。3は見なくていいって言われたので見てません。この熱量で語ってしまっていけないのは分かっていますゴメンナサイ。でも語りたいのです。

第一感想。面白かったし楽しかったしカッコ良かった!恥ずかしながら免許を取れないエンジン弱者なので真髄をしゃぶり尽くすことは出来ていないのですが、それでもジョー艦隊の空撮とかフレッシュなビヨーンビヨーン描写とかドゥーフワゴンのエレクトリカルパレード感とコーマドーフ・ウォーリアのミッキー感とか手投げ爆矢とかスーパーロングスイングアーム空爆部隊とか美女美女アンド美女とか夜の砂漠の美しさとかニュークスの孤独と宗旨替えとかガソリン口に含んじゃう自分の安さとか恍惚の銀スプレーとか峡谷あるいは山脈のような砂嵐とか凄く良かった。良かったです。ドゥーフワゴンさぁ。良いよねぇ。戦いの場所には勇ましい演説や楽隊が必要だし、あの世界観ならそりゃああなるよねぇ。寝てたコーマドーフがおいおい出番かよって準備する時の感じとかギター構えたスタンス広いフォルムとかほんとカッコイイ。

え、この映画の監督って70歳なの...?

いやーー。なんだろう。恐ろしい。恐ろしい映画ですよこれは。何が恐ろしいって、グロ描写がほとんど無いってこと。この世界観で、この描写で、このコアなファンがすでに付いているジャンル映画オブジャンル映画みたいな今作で、決定的なグロ描写、目を背けたくなる描写がほとんど無いのです。北斗の拳と比べるとよく分かる。すごーく真面目にというか、当たり前の映画として作ってるという。豊か。ロージー他WIVESもそれはもう美し過ぎて笑っちゃったし。なのに演技できるのよね。少なくとも違和感ない。というかあの美女軍団、腹ボテのロージーが違和感無い絵作りて!その豊かさに恐ろしさを感じるとともに、気負いというものが創作にとってある種の枷になるんだという事を重ねて思ったり。凄く熱心なのに、凄く冷静に作っている感じがしました。

それからロードムービーとしても、勉強になるなと。やっぱりロードムービーというのは、非常にプリミティブな映画の、ストーリーの形なのだなぁと思います。点から点に向かって移動する、その道中を描くのが物語なんだよきっと。ていうか、ニュークスの視点で見ると完全に青春ロードムービーなのかも。残された命が短い事を自覚する少年が、自らを守ろうとする呪縛と決別し、アニキの背中を見て成長する...と書くと、まるでマイフレンド・フォーエバーだ。

そう。この映画はそういう物語をちゃんと含んでいるのです。宇多丸師匠も何度も指摘してたけど、プロットはシンプルなのに情報量は多い。車中の描写が大半を占めるロードムービーを見ると、あちこちシーンを変えて、その場に縛られた言動をする登場人物がやけにモタモタしてるように感じちゃったりもする。ましてやこの映画は、120分間クライマックス。その情報の密度ったら。無駄の無さったら。その見方で言うと、ゼロ・グラビティに似てるのかも。ラストの、ズシっとした足取りを描くために120分使ったゼログラ...と書くと順序が逆かな。映像のアイディアがあって、そのアイディアを際だたせるために、極限まで削ぎ落とされたプロット。しかしだからこそ、要所はビシィッと抑えているという。新しい形。おしゃれな形。

CGや撮影技術の発達とともに、そしてストーリー技術や観客のリテラシーの発達とともに、より複雑な方向に向かっていたハリウッド・SF映画というベクトルは確かに存在しました。インセプションが最右翼か?それは確かに壮大で圧倒的ではあるのですが、「できる事をこれでもかと詰め込む」という意味では、今にして思えば若さを感じてしまいます。そのベクトルと比べての、ゼログラビティや本作マッドマックスの、実に大人なこと。軽妙なこと。素晴らしい。その進化の方向性は、世の中の方向性ともリンクしているように思えます。SONYよりもGoProやAppleといった一点突破企業が躍進していることや、なんでも出来るポータルサイトより単機能のアプリが重要なことなど。など。技術を、進化を拡大方向ではなく深化方向へと使う。機能を減らして影響力を強める。

「機能を増やすには技術が必要だが、機能を減らすには哲学が必要。」という、iPhoneやデザインを語る時に良く引き合いに出される言葉があります。JobsがNIKEの社長に「NIKEは最高の製品も多いがクソみたいな製品も多い。良いものにだけ集中しろ」というアドバイスをしたとかね。でもなんというか、機能を減らして、それでも多機能なものと勝負するなら、やっぱり技術はとても大事なんだなぁと思います。モータウンジョー信者高橋ヨシキ氏は、この映画の作りこみは宗教芸術の作りこみと方向性が同じだと指摘していましたが、これはなるほどと思いました。圧倒的技術を非科学的な概念に一点集中するには、共通のビジョンが不可欠です。そしてそれは、Appleプロダクツが宗教的に扱われるのと共通するところがあるのではないかと。

これは河本さんと話さねばね。Appleに似てるとか言ったらツマンネー奴だなとか言われそう。あの人センスわりぃからなぁ。わかんねーなりに楽しむんだろうなぁ。


宇多丸 語り足りない!「マッドマックス 怒りのデスロード」高橋ヨシキ シネマハスラー

sarustar at 16:15│permalink | Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote レビュー 

 2015年01月26日



プロレス好きな人からは怒られそうですが、試合ではなく踊る中邑真輔を見てビンビンきました。試合は見たことないですごめんなさい。で、我ながらなんでこんなにクるのか分からなかったので、ちょっと考えてみました。

まず上記の動画の第一印象。ガキンチョ共がシャラくさい。ただこのシャラくささというのは、もう完全に「これをモノにするには若すぎる」ってだけの事で、決して嫌いだと言いたいわけではありません。茶番をやり切ってるんだという説得力は、まだどーやったって持ちようがないんだと思います。輸出コンテンツはエキセントリックであればあるほど強いわけで、自国民としてみると鼻につくのは仕方ない。これは以前の「Happy問題」で僕を悩ませたものと同じです。あれは酔っ払った大人の所業だから、嫌悪が舳先で旗振ってたけど。あ、曲は割と好みです。

で。この動画における中邑真輔の存在感とあり方について。僕の理解を越えています。プロレスのプロレスラーの表現力ってこんなとこまでいってんのかと。めちゃイケでの中居くん的なナニカをみたいなものを、愛と忍耐で長い年月かけて抽出し知性と偶然とフィジカルの説得力で結晶化した感じといえばいいのか。

例えば僕が何者かとしてこの中邑ポジションに抜擢されたとして、こんな洗練されたアイデンティティを示せる気が微塵もしません。この達者なガキンチョどもを前に、どう振る舞えば良いか分からない。アウェーな土俵もといリングに一人降り立ち、チャンピオンベルト晒して相手のブックに余裕綽々に乗っかる力量。努力やプロであるという自意識すら感じさせない、人を食った表情と動き。インテリジェンスが裏打ちする色気に塗れた軽妙洒脱な存在感。それらをこの場で発揮すれば良いという判断の正確さ。

凄いよプロレス。新日本と言えばいいのか?詳しくないからなんか言うのも憚られます。ちょっと河本さんに教えを請わねば。

そんな中邑真輔の魅力、魔力に衝撃を受けた僕ですが、あわせて衝撃を受けたのが、その魔力を見事動画に落とし込んだ、このディレクター、あるいは中の人の力量です。

例えば、中邑真輔のマイムからの「あーそびーましょ」を受けてのあの表情。なんてオーダーしたんだ。そしてその後の力比べの流れと結果。なんてオーダーしたんだ。両者の、単に「ダンサーとプロレスラー」「大人と子供」「ゲストとオーナー」といった二項対立では説明付かない、複雑で絶妙なバランスを定義せんとする物語。キッズやキッズが表現するものへの信頼と、中邑真輔の言葉に出来ないナニカ(おそらくイヤァオ!的な何か)への信頼が高いレベルでバランスしていないと収穫できないカット。それをもぎ取った奴がいる。凄い。

ひょっとしたら。中邑真輔が凄すぎて、当初のオーダーの斜め上3000mくらいのパフォーマンスをした可能性もあります。でもだとしたら、仮に全くの偶然の産物だとしたら、中邑真輔をキャスティングする理由が見えない。イヤァオ!という空(クウ)への投身の一歩を踏み出す理由がわからない。愛か。プヲタの愛と盲信なのか。その可能性もあると感じてしまうくらい、今の僕にとって中邑真輔はオーパーツです。誰が撮ったんだ。

天ぷらキッズ(の中の人含む)と中邑真輔に共通するものは、自らが飛び込んだ「茶番」への確信と愛、そして距離感ではないかと思います。上の動画のサムネ、この表情を正面ではなく斜め上から撮る「距離感」。中心に意味のないものを据えることで得られる無限の自由…というとなんて日本的。で、今いろいろ中邑真輔動画漁ってたら、京都出身なのねこの人。なんだろうこの説得力。第一印象として下に貼る動画との関連性を感じたんだけど、それだけじゃないな。このウルトラマンのスタンスから更に一歩も二歩も前にいる。

今後、天ぷらキッズが誰かとコラボるとして、これは相当相手の力量が問われるよなぁと思います。今後の天ぷらキッズの動向に俄然興味が。もちろん今の、そしてこれまでこれからの中邑真輔にも興味が出てきました。漁らねば。フォローせねば。足を運ばねば。



sarustar at 12:58│permalink | Comments(1)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote レビュー | 時事ネタ

 2014年06月15日


NIKEのつべCM、「THE LAST GAME」がめっちゃ良いので、そのことについて書いてみよう。これの良さは「お約束」の良さだと思います。僕はそういうのが大好きなのです。

まず、動画の構成をざっくりと。

シーン1.ワールドカップ開催地であるブラジルの女神像から、「サッカーに興じるキッズたち」のシーン。スターと自分を重ねオーバードライブする演出。かっこいいスター。

シーン2.プレゼン会場。クローン会社の社長が「リスクは無い方が良い」という論を展開。「リスク上等」をひっくり返す。

シーン3.クローンに敗北を喫するスター。かっこ悪いスター。

シーン4.自分たちの能力を生かせず悶々とするスター達と、彼らを招集するリーダー。

シーン5.謎めいた場所で彼らの誇りを取り戻す。試合の申し込み。選手生命を賭ける宣言。物語のスケールアップ。

シーン6.試合開始。リスクを恐れず、優勢に進めるスター。かっこいいスター。

シーン7.スーパープレイからの完璧なゴールをセーブするキーパー。クローンの逆襲。かっこわるいスター。

シーン8.メッセージ「なにより危険なのはなにも生まない無難なプレーだ」のナレーションと、「リスク上等」のテーマソング。スターの逆転勝利。かっこいいスター。

シーン9.リスク上等(RISK EVERYTHING)のテロップ。

こんな感じです。ちょっとした映画のような、基本に忠実なストーリー展開。5分半という短い動画でこれだけの波を作れるというのが素晴らしい。だけどそれはこのCMが独立して成し遂げた素晴らしさではありません。今日に至るまでの無数のストーリーの積み重ねにより、「観客が進化した」ことで、初めて成立するストーリーテリングだと思います。

分析。順番に行きます。まずシーン1。スターと自分を重ねオーバードライブする演出は、4,5月に話題になっていたNIKE CM「リスク上等」のメインアイディア。視聴者とスターを繋げる美しい演出。視聴者はすでにこのアイディア、ビジュアルをしっている。開始30秒でイメージされるストーリー。

シーン2。シーン1を受けて。「事件は会議室で起こってるんじゃない!」から「事件はねぇ、会議室で起こってるの!」のように、価値観をひっくり返す。前作で積み上げた安定を崩す。解決した問題は見る必要がない。問題の拡大生産。クローンというのも、スーパーマンのビザロ、スパイダーマンのヴェノム、仮面ライダーブラックのシャドームーンといった過去のヒーローモノでよく出てくるアイディア=「お約束」。

シーン3。バスケットボール界にも拡大するクローン。物語のスケールアップ。

シーン4。アルマゲドンの仲間を集めるシーンと同じ。ミッションを果たすために選ばれたTHE CHOSEN ONEが揃っていく楽しさ。円卓の騎士。

シーン5。謎めいた場所。インディ・ジョーンズやトゥームレイダー等。理屈を突破するビジュアルの説得力。リアルを逸脱し純粋に物語に没入させるフィクション・マジック。一連のリーダーのビジュアルは過去のNIKE CM「シークレット・トーナメント」のホストを思い出させる。きっかり5分のアニメーションシーンで、この魔方陣が明らかになる瞬間が、ちょうど中間の2分30秒地点(冒頭10秒のタイトル部があるので、動画では2:40)

シーン6。まずは優勢に進めるスターチーム。冒頭の頃とは違う事を表すシーン。ここまでの2:30が意味のあるものであったことを表す。

シーン7。クローンの逆襲。やっぱダメかも...と思わせる。ラストへのタメ。

シーン8。テーマの再認識。全てを「リスク上等」に集約させるナレーション。大量に出てくるクローン=卑怯な手段に出る敵。ここまでクローン側は、クリーンに戦ってきていたから、価値観としては五分。卑怯な手段に出るからこそ、叩き潰す口実が得られる。戦隊モノとかで負けそうになって巨大化したり人質をとったりするのと一緒。テーマソングが流れ盛り上がる。大量の敵を翻弄するイメージは過去のNIKE CM「THE MISSION」(スターと剣道ロボが戦うやつ)にも通じるビジュアル。

シーン9。まとめ。

という感じ。過去の色々なものを踏まえていることが分かると思います。過去の様々な物語の美味しいところが、形を変えて何度も繰り返される事で「お約束」になる。その「お約束」を集めて、ぎゅっと5分にまとめる手腕。意識せずともこうしたイメージの集積が視聴者に備わっていると判断したからこその動画です。製作段階でこの絵コンテを見て、「なにこの地下迷宮。よく分かんないからカットしてよ」とか言われないんだろうな。

「たくさんのスターが出てくるNIKEのCM」というお約束がまずあって、その上に様々なストーリーの「お約束」を乗っけながらも、決して内輪受けやありきたりな物に落ち着かず、「リスク上等」のテーマをかっこ良く表現したこのCMは、豊かだし、素晴らしいと思うます。タレどっぷりだなー。

最後に、過去のNIKE CMを貼っておきますね。







sarustar at 20:25│permalink | Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote Youtube | 時事ネタ